相手の姿が見えない事がオナ電の大きな魅力

オナ電には、相手の姿が見えない事自体に楽しみがあります。
それが理由で、男性としてはオナ電を楽しんでいる事も多々あるのです。
そもそも女性とエッチな時間を過ごしたいと望むなら、対面をするという選択肢はあります。
現に多くの男性は、それで楽しい時間自体は過ごしているのです。
ところが対面でのエッチでは、ふと白けてしまう事がたまにあります。
現実に引き戻されてしまうケースも、意外と珍しくないのです。
理由は、女性側の見た目の問題です。
残念ながら世間の女性は、全員が見た目が良いという訳でもありません。
時には女性の見た目の欠点を発見してしまう事もあるでしょう。
それで一旦欠点が見えてしまいますと、長きにわたってそれが気になってしまう事も多々あるのです。
それでエッチ自体が白けてしまうケースも、決して珍しくありません。
現に出会い系などでは、たまにそのような状況が生じている事はあります。
出会い系で誰かと対面したものの、想像していたよりも可愛くなかったという話も多いです。
ところがオナ電の場合は、もちろん相手の姿が見える事もありません。
少なくとも初対面で電話でやり取りをする時には、声だけを頼りに相手と接触をする事になります。
姿が見えない状態でエッチな会話をする方が、男性としてはかえって気持ちが盛り上がる事も多いのです。
電話ならではの魅力と言えるでしょう。
それに魅力を感じて、あえて対面せずにオナ電だけを楽しんでいる男性も少なくありません。

想像力次第でめくるめく快感が得られるオナ電セックス

電話で見知らぬ相手と話をするサービスはツーショットダイヤルなどと呼ばれています。
その目的はいろいろありますが、中でもテレフォンセックスは代表的なものでしょう。
テレフォンセックス、通称オナ電はお互いに卑猥なことを言い合いながら、それぞれオナニーするというもので、息づかいや音がリアルに感じられます。
オナ電の楽しみは、見知らぬ者同士ゆえの遠慮や恥ずかしさのなさからくる、生々しい性欲のぶつけあいにあります。
してみたいことを言い、して欲しいことを告げてやってもらう、あるいは命令的にやらせる、現実に面と向かい合っていてはなかなか言えない欲望をストレートに伝えあうことで、たまっていた欲求を解消できます。
中でもとりわけ熟女の性欲は激しく、熟女専用のツーショットダイヤルでは過激なオナ電ができます。
お互いのオナニーの世界をすり合わせ、一つの世界を作りあげながら協力して気持ちよくなるオナ電には、実際のセックスとはまた違った快感があります。
指使いの音が聞きたければ、指でかき回しているクチュクチュという音を聴かせてとリクエストすることもできますし、中には潮吹きや放尿の音を聴かせてくれる女性もいます。
放尿しながらクリトリスを刺激すると気持ちいいようで、たいていの女性はそれで一回は盛大にイキます。
相手の顔や表情、姿が見えないので、自分の理想とするイメージに想像することができ、例えば凛とした清楚な人妻が乱れている様をイメージして興奮できます。

オナ電ではカメラマンになった気分で脱がせましょう

オナ電のアプリは匿名で使えるものも多いため、手軽に露出趣味を楽しみたい女性にも重宝されています。
自分の痴態を見てほしいという願望は、一般的には男性の犯罪行為として、不名誉な形で世間に知られることが多いのが残念ですが、このような願望は男性に限ったものではなく、女性にもあります。
一般的な画像系SNSなどでも、自分のセクシーな写真をアップし続けている一般女性はいますし、広義に考えればああいった行為も露出趣味の一種と言えます。
女性の中には、胸や尻、または足だけは自信があるとばかりに、自慢のパーツだけを切り取ってアップしている方もいますし、見せたい願望のツボは千差万別ですが、そういった方々も多く集まるのが、オナ電アプリの魅力の一つです。
アプローチをかけた女性と繋がったら、女性の性感帯を意識し、体のパーツを執拗に褒めまくることで、人間の生理現象としてその部位がムズムズしてくるという作用がありますので、上手くいけば女性にエロスのスイッチを入れることができます。
自慢のパーツを褒められることで、承認欲求が満たされる女性は、言葉責めで命令されるのが好きな方も多く、撮影のためにあれこれ指示を出していくカメラマンと深い関係になってしまうことも珍しくないのは、そういった関係性による部分が大きいです。
優しげな雰囲気から一転、ギャップのようにS的な言葉の愛撫を仕掛けることで、女性をゾクっとさせ、意のままに脱がせることも可能ですし、自慰に導くことも難しいことではありません。
電話口では、グラビアモデルをその気にさせるカメラマンの気分で、磨き上げた自慢の体を見せ付けたいという女性の欲望を引き出しましょう。

接触嫌いの若い女の子と毎週末オナ電三昧です

今の若い世代は本当に人との接触が苦手のようです。
実は私は趣味でテレクラを行っているのですが、若い女の子をターゲットにしているせいか若い世代がいかに恋愛に奥手なのかが分かるのです。
私が会いたいと言っても「無理」という返事ばかりなのです。
しかし、エッチなことには興味があるようで、私が「オナ電だったらどうかな」と質問すると最初は考えた様子だったものの、オナ電を承諾してくれたのです。
私たちは会わない約束をして電話番号を交換したのです。
そして毎週末は必ずオナ電をして楽しんでいます。
コンビニでアルバイト生活をしている女の子だったので、会話のきっかけは毎回のように客の悪口となっており、その愚痴を聞いてあげてから徐々にエッチな雰囲気を醸し出していくのです。
始まりはいつもディープキスから始まりお互いスマホに向けてピチャピチャという音を奏であっています。
私が今どこを触っているのかと質問してみると乳首を触っていると言ってきたので、その乳首を今度は舐める音を立ててあげるのです。
その音を聞いた女の子は自ら声を出して感じており、私もとうとう自分の乳首を触る始末となりました。
女の子の方も次第に積極的になり私のアソコが大きくなっていると言ってきたのです。
どうしてくれるのかと質問すると女の子は何も言わずにジュルジュルっと音を立ててくれたのです。
その状態を数分も続けてくれたので、私はそのまま射精をしてしまったのです。
先にいってしまったことを詫びたあとはもちろん女の子をいかせてあげました。

オナ電アプリで女性のオナニーサポート

オナ電で女性をエッチな気分にさせるのに、特別なスキルは必要ありません。
自分が話したい相手とマッチングができるアプリでは、オナニーの欲情を高めるためにサービスを利用している女性もアクセスしてきますので、そういった女性が使用する時間帯とタイミングさえ合えば、余計な世間話や社交辞令など一切不要で、いきなりエロい会話を楽しむことになります。
その時間帯とは、女性たちが眠りにつく前や、眠れない夜と思しき深夜帯がゴールデンタイムの一つですので、意識してアプリを立ち上げてみて下さい。
オナ電で絶頂を迎えたまま、夢見心地で眠りにつくことは、睡眠導入財のように心地よい眠りを齎しますので、こういった時間帯に利用が集中する傾向があります。
また土日になると、昼間から休日の暇を埋めるように楽しむ方もいますし、主婦層に限定すれば、夫や子供が不在になる日中に利用することがほとんどですので、一人暮らしの大学生やOL狙いか、または人妻狙いかによって、時間帯や曜日を意識しつつ、アプリを立ち上げましょう。
一般的な会話を楽しむための通話アプリから、エッチな話に導くことも不可能ではありませんが、百発百中とはいかないのが現実ですし、オナ電目的と最初から謳っているオナ電系アプリを利用し、繋がったときには下着が膝の位置にあるような女性と、無駄な時間のないオナ電を楽しむことをお勧めします。
最近の電話はスピーカーの性能も上がっていますので、カナルタイプのイヤフォンを繋げればかなり臨場感のある吐息やクチュクチュ音を耳に感じることもできますので、二人で高め合って最高の絶頂を迎えましょう。

オナ電でおすすめの優しい言葉責めについて

通常のセックスでも手や腰を振るだけの性行為のスキルではなく言葉を使う性行為のスキルを織り交ぜる事で精神や脳を刺激してより逝きやすくさせる事が出来ます。
オナ電では言葉で責める事は、女性を刺激する大きなポイントですが、責め方にも何種類かあります。
一つは優しい言葉責めです。
言葉責めという表現はおかしいとも言えますが、褒めてあげるという感じのコミュニケーション的な意味を含んだ言葉責めと言えます。
オナ電では基本的に声でしか相手の異性と繋がる事は出来ないので、相手を褒めてあげる事は大事なポイントと言えます。
愛情表現という意味もあります。
普通のセックスでは、目を見つめながら綺麗だよと言ったり素敵だよとエッチをしながら褒めてあげることが出来ますが、オナ電では基本的に相手の顔は分からないので、イメージしやすい言葉をチョイスする事も良いと言えます。
女性は褒められている、愛されている、必要とされていると言う事が喜びに繋がり、女性の中で膨れ上がり、脳みそから幸せ成分であるセラトニンの分泌を加速させることができるので結果としてその性行為で女性は幸せな時間を感じ取るようになります。
オナ電では初めて会う人もいると思いますが、人によっても好みは大きく異なるとも言えますが、無難に褒めてあげながら疑似セックスを進めると良いです。
オナ電をする前の普通の会話の中で、ある程度相手の特徴をつかんでおくと具体的に褒めると言う事がイメージしやすくなるのでおすすめです。